tel

お知らせ・コラム

NEWS お知らせ・コラム

コラム

2022.12.23

嘔吐!下痢!血便!!!こんなときどうする?

不調は突然訪れます・・・。自分の体だったら小さな変化もわかりますが、他人の体のことは言葉で伝えてくれなくてはわからないものです。ましてや、人間の言葉を話せない動物たちの小さな体の変化を熟知するのは至難の業。話せないから余計不安になりますよね。今は便利な世の中になり、なんでも携帯電話の中に答えがあるように思いますが、ネットをうのみにするのもちょっと、、、かといって、すぐに病院には行けない、夜中で電話もつながらない!となればパニック必至・・・。でもでもとりあえず落ち着きましょう。もちろん、心臓発作や呼吸不全、ショック状態といったすぐの処置が必要なものもありますが、急な不調の中で比較的多い、嘔吐下痢、血便の場合の今できる対処法等、知っておくとちょっと安心な知識を少しお話したいと思います。長期休暇を前に不安な方も多くいらっしゃると思います。どうぞご一読ください。

 

1 嘔吐下痢になったらとりあえず絶食しましょう

2 血便、吐血はよくあること?!

3 こんなときはすぐ病院へお願いします。

4 嘔吐下痢の原因

  まとめ

1.嘔吐下痢になったらとりあえず絶食!

嘔吐下痢=消化管の異常によりおこります。その原因は様々ですが、とにかく胃腸の調子がおかしいわけなので、対処として、とりあえず絶食をしてください。食欲はある胃腸炎もありますが、とりあえず絶食して、胃腸を休ませることが第一です。かわいそうとは思わず、治療として絶食しましょう。また、お散歩や体を動かすことで腸も動いてしまいますので、どうか安静をとってください。

*ただし、子犬、子猫、ウサギは例外です。できるだけ早めに病院を、受診してください!!!

絶食をして、嘔吐下痢が止まるようならその後、少量ずつご飯をはじめてください。嘔吐、排便が止まっているようなら大丈夫です。受診を急ぐ必要はないと思います。ただし、元気がない場合やぶり返したり、良便、下痢便が繰り返されるときなどは早めに病院に行ってくださいね。

 

2.血便・吐血はあるあるです?!

血便がでたんですー!!!と、とてもとてもご心配されて急いで来院される方もたくさんいらっしゃいます。初めて見る方は、衝撃的で、とても重症に思われて当然だと思います。しかし、動物病院で働いていると、血便、吐血は珍しくありません。もちろん程度のひどいものやすぐの処置が必要なものもありますが、そのほとんどが普通の胃腸炎です。動物の表皮(体などの表層を覆っている細胞)は実は人間より層が薄いようで、炎症が起きるとすぐに下の血管まで影響が出て、すぐに出血を起こします。なので、下痢を何回かしただけで、嘔吐を数回しただけで、血便、吐血といった、恐ろしい現象が起きるというわけです。よくあることだから軽症というわけでもほっとけば治るというわけでもないので、落ち着いて絶食をしてから、様子を見て、病院へいらしてください。

 

3.こんな時はすぐ病院へお願いします。

休み中、夜などすぐに病院に来れないときはとにかく、絶食です!!それでも、何も食べてなくても吐き続ける、水を飲んでも吐き続ける、お腹が痛くて、ふるえている、ぐったりしている場合は、すぐに受診できる病院を探しましょう。吐き気は止めるべきですし、痛みは和らげるべきだと思います。どんな症状も、ぐったりしている、震え続けているなど、痛みが強い場合は緊急性が高いと判断していただければと思います。

 

4.嘔吐下痢の原因

ちなみに、嘔吐下痢の原因ですが、

・細菌性胃腸炎
・ウイルス性胃腸炎
・異物誤飲
・食あたりのようなもの(新しい食べ物や、体に合わないものを食べてしまったなど)
・食物アレルギー
・寄生虫症
・炎症性腸炎(自己免疫性の疾患です)
・リンパ腫・腺癌などの腫瘍
・ストレス

 

などがあげられます。多くは胃腸炎ですが、難治性(治りが悪いこと)であったり、程度がひどい場合はその他の可能性も高いので、検査が必要となります。

 

 

まとめ

血便、吐血に驚き慌てふためく前に、犬猫は案外血が出るんだと、知識としてもっているだけでも冷静に対処することが可能になると思います。落ち着いて、時には心を鬼にして、どうか絶食して安静をとってください。

ただし子犬子猫、ウサギは元気であってもすぐに病院を受診してください。

吐き気が止まらない、ぐったりしている、痛そうに震えているというかたも、早めに受診をお願いします。

CATEGORY 記事カテゴリー

ARCHIVE 過去の記事