わんちゃんの子宮蓄膿症&脾臓腫瘍

こんにちは

いよいよ今年も残りわずかですね。
大掃除など忙しくされていると思います、元気に新年を迎えたいですね!

さて今日は先日行った、子宮蓄膿症と脾臓腫瘍の摘出手術を行ったわんちゃんについて。

チワワの女の子、他院にて治療をしていたが元気・食欲がないと来院されました。

超音波検査をすると、腫れ上がった子宮と脾臓の一部に腫瘍が同時に確認されました。
元気食欲がないのは腫れ上がった子宮からと判断し、子宮・卵巣の摘出と同時に脾臓の摘出手術をすることになりました。

摘出した子宮と卵巣です。腫れて中には膿が貯留していました。
IMG_1938

こちらは同時に摘出した脾臓です、一部が腫瘍化しています。
IMG_1936

心臓が悪いチワワの子だったので、麻酔が心配でしたが無事に目を覚めてくれました!
術後、しばらくすると食欲が戻ってきて、いつもの元気を取り戻してくれました。

よかったです)^o^(

腫瘍の病理検査結果は、良性でした!こちらも合わせてよかったです。

子宮蓄膿症、脾臓腫瘍はともに命が危ないこともある病気です。お家の子の様子がおかしかったら、動物病院へご相談ください!