脾臓腫瘍の摘出

こんにちは。

みなさまお盆休み中はゆっくりできましたか?
私はお休みの間、無事に子供が生まれました。現在育児にてんてこまいです。

まだまだ暑い日が続きますので、お身体にはお気をつけください。

さて今日は、脾臓腫瘍の摘出手術を行ったわんちゃんについて。

このワンちゃんがなんだか元気がないとのことで来院されました。

様子を見させてもらうと、呼吸も苦しそうで、血液検査でも重度の貧血が確認されました。

エコー検査をしてみると、脾臓周囲に大きなできものが確認されました。

脾臓腫瘤の破裂による出血を疑い、その日のうちに緊急手術となりました。

お腹を開けると、腹腔内に大量の血液が貯留しており、脾臓腫瘤も確認されました。

摘出した脾臓です。
IMG_1443
写真では脾臓の上の方が腫瘤化しておりそこが破れて出血していました。

術後は数日入院し、無事退院となりました。
その後、貧血も少しづつ改善されました。しかし、病理検査の結果は悪性の腫瘍だったので、今後も注意が必要です。

脾臓腫瘍は突然元気が無くなったり、食欲がなくなったりします。
お家のワンちゃんの調子が悪くなったら、動物病院へご相談ください。

健康診断のエコー検査で脾臓腫瘍が見つかることもありますので、定期的な健康診断をお勧めします。