月別アーカイブ: 2017年1月

異物誤飲!

こんにちは

寒い日がつづきますね、ここ数日は雪もちらつき本格的な冬を感じています。

インフルエンザも流行っているようですので、体調にはお気をつけください!

さて、今日は異物誤飲の子が続いたので紹介させていただきます。

こちらのワンちゃん、まだ若い子です。口から釣り糸が出て引っかかっていると来院されました。

レントゲンを撮ってみると・・・

LATERAL

食道に釣り針が引っかかっています。(白く写るのが釣り針です)

その後、全身麻酔をし内視鏡で覗いてみると、やはり食道につり針が刺さっています。
慎重に針を取り、無事に摘出!
麻酔も無事に覚め、元気いっぱい!
IMG_2128IMG_2130

つり針に小さいイカがついていて、お散歩中にこれを食べてしまったのでしょう。
皆様お散歩中の拾い食いにはお気をつけください!!

こちらもまだ若い猫ちゃんです。
お家の引き出しを開けて、長いひもを食べてしまったと来院されました。

バリウムを流し、確認すると・・・
1LATERAL

バリウムが腸に流れていったにもかかわらず、胃の中に白く紐状異物が確認できます。

内視鏡で確認すると大量に紐状の異物が胃の中にあります。

一つずつ取り出していましたが麻酔時間が長くなってしまったため、開腹手術となりました。

手術は胃を開け異物を全て取り出し、無事に終了。
術後も元気で問題なく、無事退院です!

取り出した異物の一部です。
IMG_2033

紐状の異物は命が危険になる事があります、誤飲にはお気をつけください!

異物手術は、内視鏡で取れる場合は体への負担が少なくなりますが、物によってはお腹を開けないとダメな時もあります。

お家の子が異物を食べてしまったら、緊急処置が必要な場合もありますのですぐに動物病院へご連絡ください。

前肢骨折

こんにちは

寒い日が続きますが、みなさま体調など崩されていませんか?

さて今日は、先日行ったワンちゃんの前足骨折の手術について。

まだ8ヶ月の子犬です、30cmくらいの高さから降りたあと足を挙げて痛がっていると来院されました。

レントゲンを撮ってみると・・・
AP2

AP

残念なことに、前足の橈骨と尺骨が両方折れています。

その後プレートを入れる手術を行い、手術後すぐに元気な様子。

AP1
プレートを入れしばらく時間はかかりましたが、順調に骨はくっついてくれました!!

入れたプレートを取る手術を再度行い、無事完治です!!

癒合不全などの心配がありましたが、無事に治ってくれてホッとしました。

子犬の場合骨が未熟なため、ほんのすこしの高さから降りても骨折してしまうことがあります。
家の子の歩き方がおかしければ、すぐに動物病院へご相談ください!

胆石の手術

あけましておめでとうございます!

お正月はみなさまいかがでしたか?私はゆっくり体を休めさせていただきました。
今年もよろしくお願い致します。

さて、今日は胆石の手術を行ったワンちゃんについて。

他院にて治療を行っていたダックスくんですが、調子が悪く当院に来院されました。
診察をしてみるとぐったりして、お腹を触ると痛がり、かなり調子が悪そうでした。

超音波検査にて、胆嚢の中に大きな胆石が確認されました。
数日、点滴や注射にて治療を行いましたが、改善が見込まれなかったため、飼い主様と相談し手術を行うことになりました。

全身麻酔をし、開腹するとカチカチになった胆嚢があります。

少しずつ肝臓から胆嚢を剥離し、胆嚢の根元を結紮し胆嚢をまるごと摘出。

摘出した胆嚢です。中にはカチカチの石が詰まっています。
IMG_1981

胆嚢を破ると・・・
上が胆嚢で、下が胆石です。大きいですね。
IMG_1987

手術が終わり、ダックス君は無事に目を覚ましてくれました!
その後しばらく入院し、落ち着いたので無事退院!

抜糸の時には、普段通りの元気が戻っていました!!
血液検査の数値もある程度落ち着き、一安心です!

大きな胆石があったので苦しかったと思いますが、無事に良くなってくれてよかったです。

家の子の様子がおかしかったら、動物病院へご相談ください。
胆嚢の病気は、かなり悪くならないと症状が出ないケースもあります、定期的な健康診断をすると良いかと思います。